犬のクンニ

 犬のクンニで気持ち良さを味わいたかったため、ネットで活動してみたんです。
でも、最初は失敗でした。
実はネットの世界、出会える場所って少ないようです。
気軽に利用出来るようなネットサービス、利用者が多いことはいいのですが、本当の意味での出会いを見つけることは難しい場所でした。

 彼氏と別れたあとの性欲解消が上手くいかず、不満を溜め込んでしまっていました。
オナニーだけでは、納得いかなかったのです。
そのため思いついたのが、犬のクンニでした。
これはペットを飼育して、私のオマンコを舐めてもらうといったものではありません。
クンニが大好きな男性と知り合うこと。
関係は、クンニだけ。
それ以外の関係を作らない、そんな男性が欲しくなってしまいました。

 犬のクンニ実現のため、SNSで活動をすることにしました。
裏垢の存在が顕著なツイッターで、舐めるだけの男性を募集していくことにしました。
匿名性も高いし、利用者も多いし、裏垢もあります。
舐めるの大好き男性と知り合うこと、簡単だろうと思いました。

 ツイッターで、募集していくのですが、思うような答えが出ない状態でした。
冷やかされることばかりでした。
また、私のツイートが拡散され、さらに冷やかしのリプが飛んでくるようなことまでありました。
日頃使っているツイッターは楽しい存在ではあるのですが、出会いを求めるときって危険な一面を見せるんだなって思いました。
舐め犬掲示板でクンニ好きな男性を求めて投稿を続けた結果

 失敗したから、出会う方法を調べました。
これ、かなり真剣に調べました。
有名な出会い系のアプリ一択であることが分りました。

 本当に、凄いんです。
冷やかし連絡がゼロでした。
気持ちよく募集を継続出来た結果が、犬のクンニとの遭遇でした。
ちょっと年下の23歳と、本気で待ち合わせする気持ちを作れました。
公衆トイレの中で、思いっきりあの部分を舐めてくれました。
本当に凄く夢中になってやってくれました。
そのおかげで、私の不満な肉体に火が付きました。
ものすごく気持ちよくって、オナニーの時よりも汁が多く出ていたと思います。

 知り合った男性、継続してくれました。
定期待ち合わせて、ただクンニだけしてくれます。
良い出会いを見つけられる場所、本当に数が少ないんですね。
クリトリス吸引
舐め犬募集