処女のセフレ

 マリナちゃんは、まだ経験のない女の子。
処女のセフレに、大人の味を教えられました。
その感想は「痛かったけど、気持ち良い」でした。
良いことしてあげた気分満載中です。

 俺、どこにでもいる平凡な男。
彼女いない非モテだったから、利用するようになったのが出会い系アプリ。
この出会い系アプリ凄いんです。
平凡な俺に、セフレが作れるようになったのです。
多くの利用者がいるため、不満な女の子を探しやすい。
だからオフパコ可能な世界でした。
平凡な男が、頻繁セックスなんて驚くばかりです。

 新しい出会いは、処女のセフレでした。
セックスには強い興味があるけれど、怖くてなかなか経験出来ないという、23歳とやりとりに成功。
マリナちゃんは、積極的にエッチな話にも付き合ってくれました。
「不満もあるんでしょう、それなら電話エッチぐらいは楽しんでみる?」
誘ったところ、首を縦に振ってくれました。

 処女の喘ぎ声って、何とも言えない良さを感じちゃって。
興奮が強まりまくってしまいました。
処女喪失
電話エッチの後も、まったりタイムを共有。
この電話エッチを繰り返し、処女のセフレを作ることになったのです。

 マリナちゃんと、待ち合わせに成功。
直ぐホテルでは緊張するからと、軽くお酒を飲ませました。
顔を赤くした彼女を連れ、チェックインしてしまいました。

 スレンダーで、魅力的なボディでした。
スリムなのに、Dも乳房の膨らみがあって、余計にエロチズムが強烈。
この魅力いっぱいの肉体を使わないなんて、マジでもったいないって感じでした。

 初めてのフェラは、かなり強烈なインパクトがあったようです。
そのためか、長時間なめ続けてくれました。
たっぷり体を触り刺激をして、気分を盛り上げてからズッコンバッコン。
痛がる姿まで、魅力的に感じて、軽やかに腰を動かし続けてしまいました。
マジ、処女のセフレ半端じゃない美味しさでした。
処女狩り
破瓜