セフレが欲しい

就職してから仕事が忙しくなってしまい、大学時代から付き合っていた彼氏と別れたのは半年前のこと。それからはもう彼氏はいらないと思い、仕事に没頭していました。でもふとした瞬間に寂しいと感じることがあり、特に夜一人で部屋にいるとむなしくなってしまうのです。彼氏はいらないからセフレが欲しいと思うようになりましたが、そのような関係を求められる男友達は1人もいません。とりあえず今の状況などを相談できる男友達が欲しいと思い出会い系の掲示板を見ていると、私と同じようにセフレが欲しいという書きこみを発見。年齢は私よりも5歳も年下の大学生ではありましたが、その方が時間を合わせやすいのではと思い、メッセージを送りました。するとすぐにLINEを交換しませんか?というメッセージが返ってきました。
セフレの作り方

LINEではしばらく色々な話をしましたが、お互いに会ってみたいという気持ちが強くなり、一度私の部屋に招くことになりました。私の部屋に来た彼は、がっちりしたスポーツマン体型です。色黒で大学ではフットサルをやっていると言っていました。私も部屋に彼を招いたからには、エッチをしようと思っていたので、大人の女性を演じて寝室に誘います。彼は最初こそ驚いていましたが、すぐに寝室に入り私をベッドに押し倒してきます。その後はお互いに欲求をさらけ出すように求め合いましたが、彼はやはり若いということもあって元気な下半身です。一度果ててもすぐに復活する元気さで、私を何度も満足させてくれます。今ではお互いのセフレが欲しいという願望が叶い、彼がいつも私の部屋にかけつけてくれるようになりました。体力のある彼と毎晩のように激しいエッチができて、とても満足しています。
ツーショットチャット
オナチャット