ピンチの時に助けてくれる人

 不景気で、就職に失敗するパターンて多々あります。
私もその1人だったりして。
大学を卒業したのは良かったけれど、就職が上手くいかずにフリーター生活になりました。
いつか必ず正社員になる。
それなりに頑張ってはみたのですが、結果は得られなくて、フリーターのまんま24歳を迎えてしまいました。
複数のお仕事をやっているのですが、そのうちいくつかコロナの影響を受けました。
その分の仕事が無くなって、収入が極端に減ってしまったのです。
もう、ただ焦るばかりの気分でした。
すぐに新しいアルバイト探しを始めました。
コロナで自粛や休業などが多く、結局新しい仕事も見つからずでした。

 ピンチの時に助けてくれる人と知り合いたい。
こんな気持ちを、強めるばかりになっていました。
無償支援をしてくれる男性。
ピンチの時に助けてくれる人、素敵なパパを何としてでも探さなければって気持ちを強めていたのです。

 ネットにある、個人融資のための完全無料掲示板。
こちらを使ってピンチの時に助けてくれる人を探し出そうと思いました。
試しにチャレンジしてみたところ、メール交換だけは成功。
だけど無償支援にはなりません。
お金ください掲示板やお金助けて掲示板など個人融資の掲示板は多数
対価を求められます。
それが、エッチな写真だったりして。
ちょっと怪しさもあるから、当然それを受け入れることができませんでした。

 出会いの舞台を、出会い系アプリに変えてみました。
ピンチの時に助けてくれる人探しに、再チャレンジです。
無料の掲示板と違い、登録作業こそ必要だけれど、高い安全性を感じました。
男性の利用者も多く、もしかしたらな気分を強めることができました。

 パパになってくれそうな男性とやりとりになったのですが、思わぬ提案でした。
現在はまだコロナがあり、所によってはクラスタも発生中。
実際の世界で会うことはできないと言われたのです。
その代わり、オンライン上で付き合って欲しいと言われました。
ビデオ通話を利用し、お酒か食事のお付き合い。
1回付き合う毎に、2万円の支払いという条件でした。
もう最高気分。
すぐに、オンラインの関係を作っていただくことにしました。

 現在、1人のパパと関係を継続中です。
もう1人ぐらいパパがいれば、生活は格段に楽になります。
出会い系アプリなら、まだまだ出会いは探せそうです。
お金くれる人
お金をくれる人